アセンションと愛といろいろと。

アセンションと愛はイコール。

アセンションの反対の意識は恐れ

恐れというものがなくなってくるのがアセンション
始まりといえます。

自分が恐れている、ということに気づくと
恐れるようなことに出会わなくなる。
恐れのなかに飛び込むと、恐れでも何でもなかった。
ということになるというか・・・

私の体験でいうと「ゴキブリ」さんです。

私はゴキブリを見ると恐怖!と思えるぐらい
怖いと思っていました。
目にすると恐ろしいと。

でもふと、ゴキブリは、ハチやムカデのように
毒を刺されるようなこともないし、
小さいし、どうして怖いんだろう??と思いました。

ゴキブリのどこが怖いんだろう?

そうすると、汚いことが怖い。って思いました。

極端に汚れている排水溝など、ドロドロしたものや
恐ろしく汚れているものを見ると怖い。って
思ってしまう。それと似ていて、
ゴキブリは汚いと思ってるから怖いんだなと。

それから、ゴキブリは汚いことを知らせてくれる
存在なんだと思うようになり、
ゴキブリを見たときに、「汚いことを知らせてくれて
ありがとう」と声をかけたりしてました。

部屋が恐ろしく汚れていた、ということではないんですけど、
部屋をきれいにしようと心掛けるようにもなり・・・。

ゴキブリを見ても前のように「恐怖!」と感じることはなく、
カナブンや他の虫たちと同じく・・
「あ、ゴキブリ」
という平然さとゴキブリを見るようになったんです。

さすがにカワイイとは思いませんよ(^^;

否定的なものや存在があれば、どこかを認めるだけで、
変わってくると思います。

あなたの苦手なものは何ですか?
苦手なものの中に、認められるものは何ですか?