アセンションと愛といろいろと。

アセンションと愛はイコール。

エネルギーは双方向

アセンションの反対の意識は「恐れ」
のところで書いたゴキブリの話ですが・・。

もうひとつ、ゴキブリにまつわる話があります。

愛を贈れば愛が還ってくる。これはこの宇宙の法則、愛の法則ですが、
贈る対象が必要ということです。

私たちは自分以外の生命を感じることで
エネルギーを贈りあい、生きています。

なので、たとえゴキブリでも・・・という話です。

テレビを見ていたら、刑務所に入ったことがある人が
刑務所ではどうしていたか、という話をしていました。

何人か話されていましたが、そのなかで、
独房に入っていたという人の話です。

独房では誰ともしゃべることなく、ずっと部屋で過ごすそうですが、
ある時、ゴキブリが独房の中に入ってきた。
そして、ゴキブリがかわいくなって、飼い始めたそうです。
ごはんをあげたりして・・・。

しばらく飼ってましたが、突然、ゴキブリは
死んでしまったそうで、
それで、悲しくなって泣いてしまったそうです。

独房ではたぶん、植物さえもなく、誰とも話さず、
交流するものがない、ということは、人にとって
とても辛いものだと思うのです。

そこへやってきた、生きるゴキブリ。

普通の家庭では、殺虫剤をかけられたり、
叩かれたりするけれど、独房では、友達になってしまうのです。

この世界で、自分以外、何も生命がなかったら・・・。
人類をはじめ、動物、植物、虫、鳥類、魚類・・
すべてなかったら、人工的なものしかない世界で、
生きられるでしょうか。

私たちは交流して、循環して生きていけると思います。
贈り、贈られる。双方向で成長していけます。
できればいいものを贈りたいですね。