アセンションと愛といろいろと。

アセンションと愛はイコール。

心がつく言葉

f:id:ascensionlove:20180712235116j:plain


日本語には心を使う言葉がたくさんありますね。

「決心」
「向上心」
「親心」
「心遣い」
「心配り」
「心から」
などの名詞や副詞、

「心温まる」
「心に響く」
「心が震える」
「心和らぐ」
「心に刻む」
「心が広い」
「心地よい」
などの慣用句、

「一心同体」
「一心不乱」
「誠心誠意」
「心願成就」
などの四文字熟語。

心は目には見えませんが、
強さ、やさしさ、思いやり、感動、願いなど、
いろんなことを常に感じていて、心を使っているからこそ
これだけいろんな表現がでてくるのだと思います。

心で見て、心で聞いて、心で話す。
それぐらいに心を意識的に使ってみると
心で感じることが真実と思えてきます。
周りを思いやり、心を通わせることをに意識をおいている。

心と比べて、「頭」を使う言葉はあまりいいと思えるものがないように
思えます。
「頭にくる」
「頭に血が上る」というのは、
怒りを表していますが、血が上ると、血行が悪くなり、頭の抜け毛が多くなるとか・・・。
男性の方、イライラには要注意です(笑)

頭で考えるより、心を使って、
心落ち着いた、心安らぐ状態を意識することをおすすめします。
心は使えば使うほど磨かれていきます!

心がつく言葉とともに使いたいですね!